整形外科・救急当番病院・介護老人保健施設併設・特定健康診査・肝炎・大腸がん検診

〒004-0861
札幌市清田区北野1条2丁目11-30

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
SSJ
ホーム>病院情報の公表

平成29年度 医療法人社団エス・エス・ジェイ 札幌整形循環器病院 病院指標

1.年齢階級別退院患者数
2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
3.初発の5大癌のUICC病期分類ならびに再発患者数
4.成人市中肺炎の重症度別患者数等
5.脳梗塞のICD10別患者数等
6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別症例数上位5位まで)
7.その他(ICD、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 8 34 24 31 103 168 394 578 397 94
※平成29年度に退院された患者さまの年齢を10歳刻みの年齢等級別に集計しております。年齢は入院日の満年齢としています。
地域住民の高齢化や介護施設等からの受入・加齢に伴う疾患などにより60歳以上の患者さまが全体の約79.9%を占めております。
 
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
160690XX97XXXX 胸椎、腰椎以下骨折損傷
(胸・腰髄損傷を含む)
その他の手術あり
118 18.37 19.09 8.47% 82.01 椎体形成(骨セメント)
椎体形成(Biopex)
070343XX97X0XX

脊柱管狭窄(脊椎症を含む)
腰部骨盤、不安定椎
その他の手術あり

手術・処置等2なし

92 14.67 17.28 0.00% 68.71

PELD
腰椎除圧(早)
腰椎除圧(緩)
胸椎・腰椎固定(早)

胸椎・腰椎固定(緩)
胸椎・腰椎固定椎体形成

070230XX97XXXX 膝関節症(変形性を含む)
その他の手術あり
60 3.33 8.83 0.00% 72.53 人口膝関節
オープンウェッジHTO
ドーム型HTO
ドーム型HTOピン抜
膝スコピー 膝スコピーA/B
070341XX020XXX

脊柱管狭窄(脊椎症を含む)頸部
脊椎固定術、椎弓切除術、
椎弓形成術
(多椎間又は多椎弓の場合を含む)

椎弓形成等
手術・処置等1なし 

56 30.45 22.08 0.00% 64.41 頚椎除圧
頚椎(椎弓形成)
頚椎(固定)
頚椎椎間孔解放
160760XX97XX0X

前腕の骨折 手術あり

定義副傷病名なし
47 10.87 5.21 0.00% 63.7 橈骨骨接合

※整形外科の症例を集計し、上位5位までの患者数、平均在院日数、転院率、平均年齢を示したものです。

・「胸椎、腰椎以下骨折損傷」については、腰椎圧迫骨折による椎体固定術を行っています。
・「脊柱管狭窄(脊椎症を含む)」については、主に脊椎固定術、椎弓形成術を行っております。
・「膝関節症(変形性を含む)」については、主に人工関節置換術を行っております。

 
心臓血管内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050XX99100X

狭心症、慢性虚血性心疾患
手術なし 手術・処置等1-1あり
手術・処置等2なし

定義副傷病名なし

148 3.47 3.03 0.68% 70.26
050050XX02000X

狭心症、慢性虚血性心疾患
経皮的冠動脈ステント留置術等
手術・処置等1-2あり

手術・処置等2なし
定義副傷病名なし 

118 5.24 4.62 1.69% 71.39
050050XX99200X 狭心症、慢性虚血性心疾患
手術なし 手術・処置等1-2あり
手術・処置等2なし 定義副傷病名なし
58 3.12 3.19 0.00% 71.67
050130XX99000X 心不全
手術なし 手術・処置等1なし
手術・処置等2なし 定義副傷病名なし
34 19.26 17.71 23.53% 83.44
050210XX97000X 除脈性不整脈 手術あり
手術・処置等1なし 手術・処置等2なし
定義副傷病名なし
30 9.77 11.21 6.67% 81.13

※経皮的冠動脈形成術、心臓カテーテル法による諸検査、経皮的冠動脈ステント留置術、ペースメーカー移植術、ペースメーカー交換術などを主に行っております。

・狭心症、心筋梗塞、下肢動脈疾患等に対するカテーテルによる血管内治療、術前・術後の状態に応じて専門の理学療法士による心大血管疾患リハビリテーションを行っており、監視下でもエルゴメーターなどによる運動負荷練習を行い、退院時には自宅でも行えるよう指導をしております。

 
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060090XX02XXXX

胃良性腫瘍

内視鏡的胃・十二指腸ポリープ・粘膜切除術

その他のポリープ・粘膜切除術等

060340XX03X00X

胆管(肝内外)結石、胆管炎

内視鏡的胆道ステント留置術等

手術・処置等2なし 定義副傷病名なし

060130XX02000X

食道、胃、十二指腸、

他腸の炎症(その他良性疾患)

内視鏡的消化管止血術等 手術・処置等1なし

手術・処置等2なし 定義副傷病名なし

060300XX97000X

肝硬変(胆汁性肝硬変を含む)

その他の手術あり 手術・処置等1なし

手術・処置等2なし 定義副傷病名なし

060300XX97100X

肝硬変(胆汁性肝硬変を含む)

その他の手術あり 手術・処置等1あり

手術・処置等2なし 定義副傷病名なし

※症例件数が10件に満たないため、公表しておりません。
胆管結石、胆管炎、誤嚥性肺炎、大腸ポリープ切除などを行っております。
 
 
初発の5大癌のUICC病期分類ならびに再発患者数
初発 再発 病期分類 版数
Stage Ⅰ Stage Ⅱ Stage Ⅲ Stage Ⅳ 不明 基準(※)
胃癌
大腸癌
肺癌
肝癌
※症例数が10件に満たないため、公表しておりません。
 
 
成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数 平均 平均年齢
在院日数
重症度0
重症度1
重症度2
重症度3
重症度4
重症度5
不明
※症例数が10件に満たないため、公表しておりません。
 
 
脳梗塞のICD10別患者数等
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群
G46$ 脳梗塞疾患における脳の血管(性)症候群
163$ 脳梗塞 3日以内
その他
165$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄、
脳梗塞に至らなかったもの
166$ 脳梗塞の閉塞及び狭窄、
脳梗塞に至らなかったもの
1675 もやもや病〈ウイリス動脈輪閉塞症〉
1679 脳血管疾患、詳細不明 3日以内
その他
※症例数が10件に満たないため、公表しておりません。
当院入院後に脳梗塞が発症した場合、専門医療機関へ早急な転院対応をしております。
 
 
診療科別主要手術別患者等(診療科別患者数上位5位まで)
手術症例数の多い手術を診療科別に集計し、上位5位まで症例数10以上の患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を掲載しております。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術
(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)
(椎弓形成)
139 3.45 22.81 1.44% 64.95
K142-4 経皮的椎体形成術 118 2.92 14.03 763% 82.00

K0821

人工関節置換術 55 6.87 34.65 0.00% 73.85
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術
(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)
(後方椎体固定)
50 3.14 30.84 6.00% 73.54
K0462 骨折観血的手術 46 2.24 22.33 0.00% 63.89
※椎弓形成、経皮的椎体形成術、人工関節置換術(膝)、前腕・下腿骨折、抜釘術が主で、加齢に伴う脊柱管狭窄症、腰椎側弯症、腰椎ヘルニア、変形性膝関節症、骨粗鬆症の患者さんの治療を行っています。
 
心臓血管内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術
(その他のもの)
120 3.77 1.84 3.24% 71.68
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 32 1.34 1.97 0.00% 71.03
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術
(急性心筋梗塞に対するもの)
18 0.00 15.11 11.11% 69.11
K5972 ペースメーカー移植術
(経静脈電極の場合)
18 2.11 9.61 5.56% 78.72
K597-2 ペースメーカー交換術 15 1.00 7.27 6.67 84.80
※労作性狭心症・慢性心不全・うっ血性心不全の患者さんが多く入院しております。また洞不全症候群や房室ブロックなどの徐脈性不整脈の方にペースメーカー移植術・交換術を行っています。
経皮的冠動脈ステント留置術は、心臓の血管の狭窄(狭くなっている)箇所に対し、小さなバルーン(風船)に取り付けたステント(網目状の小さな金属製の筒)を血管の中で膨らませ、血流を確保します。
四肢の血管拡張術・血栓除去術は、主に下肢(太ももやふくらはぎ)の閉塞性動脈硬化症の方に行っています。
経皮的冠動脈形成術は、75%以上の狭窄病変が存在する症例に対して経皮的に冠状動脈の狭窄を解除して冠血流量を増大させる治療法です。
 
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術
(長径2センチメートル未満)
44 0.09 1.05 0.00% 69.50
K688 内視鏡的胆道ステント留置術
K6534 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
(その他のポリープ・粘膜切除術)
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
(長径2センチメートル以上)
K6153

血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)

(その他のもの)

K654 内視鏡的消化管止血術
K691-2 経皮的肝膿瘍ドレナージ術
※症例数10件以下のものは公表しておりません。
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術および内視鏡的結腸異物摘出術・小腸結腸内視鏡的止血術・内視鏡的胆道ステント留置術などを行っています。
 
 
その他(ICD、敗血症、その他の真菌症及び手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
 130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
 180010 敗血症 同一
異なる
 180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
 180040 手術・処置の合併症 同一
異なる
※当院では全症例とも10件に満たないので、公表しておりません。
アクセスマップ
無料送迎バスのご案内
ご相談、お問い合わせ
プレスリリース一覧
北野の四季
北野の郷
メディカルツーリズムについて
スタッフ募集
モバイルサイト
SSJ
pagetop