整形外科・救急当番病院・介護老人保健施設併設・特定健康診査・肝炎・大腸がん検診

〒004-0861
札幌市清田区北野1条2丁目11-30

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
SSJ
ホーム>病院紹介・各部署>リハビリテーション

リハビリテーション部

リハビリテーション部では、整形外科疾患をもつ患者様への運動器リハビリテーション、心臓疾患をもつ患者様への心臓リハビリテーションを行っています。それぞれ、専任の理学療法士、作業療法士が専門医と連携して患者様にマンツーマンで対応しています。

SSJ

運動器リハビリテーションについて

運動器とは、人間が動くために必要な筋肉や関節などの器官を指し、整形外科疾患をもつほとんどの患者様が対象になります。整形外科領域における治療目標は、「痛みや運動機能を改善させ日常生活が快適に送れるようにする」とされ、運動器リハビリテーションでは、その運動機能の改善や疼痛の緩和を目的に積極的な運動療法を行っています。特に頸椎や腰椎のヘルニア、肩腱板断裂、変形性膝関節症等の患者様が多く、入院患者様のみならず外来患者様のリハビリテーションも行っています。

運動器リハビリテーションにおける運動療法

リハビリテーション部では、固くなってしまった関節や弱くなってしまった筋肉を改善させることや、日常的に行っている不良姿勢の改善、バランス能力や歩行能力の改善まで、多岐にわたる運動療法や手技を行っています。整形外科疾患の多くは生活習慣に起因した場合もあり、その生活習慣や運動に関する指導も行っています。また、スポーツ活動に関連した障害も多く、その競技種目の特性に合わせたリハビリテーションや指導、テーピング等も積極的に行っています。

心臓リハビリテーションについて

心臓リハビリテーションは、狭心症・心筋梗塞といった虚血性心疾患や末梢動脈疾患、慢性心不全の患者様が対象になります。心臓・血管疾患の治療目標は「再発予防」と「病後の生活の質を高め、元気に長生きし、毎日を楽しむこと」とされ、心臓リハビリテーションとは、低下した心臓機能や体力を改善させるために、積極的な運動療法と食生活や喫煙といった生活習慣等の改善を行うことです。そのため当院の心臓リハビリテーション部門では、専門医、理学療法士等による安全で患者様に無理がかからない運動療法を行っています。

心臓リハビリテーションにおける運動療法

心臓リハビリテーションは大きく分けて2つあります。1つ目は有酸素運動でエルゴメーターやトレッドミルを利用し心肺機能を高めます。2つ目は筋力トレーニングで、筋力をつけることにより持久力を改善させバランス能力の向上にも効果があります。これらの運動療法を組み合わせて行うことにより下記のような効果があります。

①運動能力が増加し楽に動けるようになる
②狭心症や心不全の症状が軽くなる
③不安やうつ状態が改善し、快適な社会生活を送ることができる
④動脈硬化のもとになる危険因子が軽くなる
⑤血管機能や自律神経の働きが良くなり、血栓ができにくくなる
⑥心筋梗塞の再発や突然死が減り、死亡率が減少する

運動療法は継続することが必要です。心臓リハビリテーション部門では、専門医と連携して患者様が安全に楽しく運動を続けられるようサポートしていきます。

機器等

リハビリテーション機器
リハビリテーション機器
リハビリテーション機器
リハビリテーション機器
リハビリテーション機器
リハビリテーション機器
SSJ
来院される皆様へ
アクセスマップ
無料送迎バスのご案内
ご相談、お問い合わせ
プレスリリース一覧
北野の四季
北野の郷
メディカルツーリズムについて
スタッフ募集
モバイルサイト
SSJ
pagetop