診療案内

人工膝関節

人工肩関節

肩の関節が変形し、肩が痛み、動かせなくなった状態を変形性肩関節症といいます。
加齢や骨折後の変形・腱板広範囲断裂に合併して変形が起きるもので、生活に支障があれば人工肩関節置換を行います。
人工関節には人工骨頭・人工肩関節・反転型人工肩関節などの種類があり、病状に応じて使い分けます。術後は肩の痛みが軽減し、動きや筋力の改善によって楽に生活できるようになります。

人工肘関節

関節リウマチや骨折後の変形で、肘が痛くて動かせなった状態を変形性肘関節症といいます。
生活に支障がある場合には人工肘関節置換を行います。
表面置換型と半拘束型の2種類がありますが、年齢や変形に応じて使い分けています。術後は痛みが軽減し、動かせるようになるため、楽に生活できるようになります。

人工膝関節

変形性関節症や関節リウマチにより、膝関節軟骨が摩耗した太ももとすねの部分の表面を削り、金属をかぶせ、金属と金属の隙間にポリエチレンを挿入する手術です。
日本国内では40年以上前より行われており、手術手技および材質の進歩により、耐久性も良くなっています。
変形の度合いにより、関節全体に金属をかぶせるタイプと、悪い部分のみに金属をかぶせるタイプがあり、それぞれ長所、短所を検討し治療しています。
比較的高齢の方が手術適応になりますが、術後は生活レベルが向上し、多くの方が旅行やパークゴルフなどを楽しまれています。

人工股関節

股関節が加齢やリウマチですり減って変形すると、歩くのが痛くて困難になります。
悪くなった骨盤と大腿骨の骨を取り除き、替わりに金属を挿入する手術です。
手術は約2時間、手術翌日より歩行訓練を開始し、介助入浴は術後二日目より可能となります。入院期間は2週間~4週間程度になります。