診療案内

整形外科 専門書への貢献

日本で初めての
人工膝関節置換術専門教科書

平成17年8月に日本で初めての人工膝関節置換術専門の教科書「人工膝関節置換術―基礎と臨床―」が北大松野名誉教授の編集で出版(文光堂、31,500円)されました。
当院からも葛城整形外科部長が分担執筆者として参加しています。
また葛城部長が設計臨床応用した「(葛城式)脛骨bone cutガイドシステム」について3ページにわたって紹介されています。
このガイドは人工関節の設置に不可欠な脛骨の正確な骨切除を可能にした画期的なもので、数々の学会で発表され、現在札幌をはじめ京都、富山などの人工関節のセンター病院で使用されています。

分担執筆者

[診療部長]葛城 良成

『OS NOW No28』に執筆

当院の葛城整形外科部長が現在日本で最も読まれている最新の手術用教科書「OS NOW no 28, Useful Surgical Approach―定型からオリジナルまで―」に人工膝関節の手術法に関して6ページにわたって執筆しました。最新の高度な医療を患者さんにご提供することを基本理念としている当院にとって喜ばしいニュースです。

分担執筆者

[診療部長]葛城 良成

『OS now Instruction』に執筆

最新の整形外科手術教科書『OS now Instruction 人工膝関節置換術適切なアライメントとバランスの獲得をめざして』に脛骨骨切り術後の人工膝関節の手術法に関して、当院の葛城整形外科部長が9ページにわたって執筆しました。
全国から19人の執筆者が選ばれましたが、北海道からは葛城部長一人でした。最新の高度な医療を患者さんにご提供することを基本理念としている当院にとって喜ばしい事です。

分担執筆者

[診療部長]葛城 良成

『ゼロからはじめる!
Knee Osteotomyアップデート』に執筆

日本で初めてのO脚矯正手術の教科書『ゼロからはじめる!Knee Osteotomyアップデート』に当院の葛城整形外科部長が自ら開発した「腓骨骨切り部プレート固定を伴ったドーム型骨切り術」の手術方法を6ページにわたって執筆しました。
全国の若い先生方から解りやすい内容と評判なようです。

分担執筆者

[診療部長]葛城 良成

『2018年度 病院の選び方』に掲載

痛みやしびれで動かせないような手のケガや病気を治し、痛みや苦痛をなくす診療内容が、『2018年度病院の選び方』で紹介されました。

分担執筆者

平地 一彦

『関節外科VOL28』に執筆

肘が外れて骨折を伴っている場合、外れた関節を元に戻そうと努力しても、時間が経つと外れてしまう不安定な脱臼が存在します。一般整形外科医には恐るべき状態で、どんな症例か、どのように診断をして治療するかを懇切丁寧に解説しました。

分担執筆者

平地 一彦

『手・肘の痛み
クリニカルプラクティス』に執筆

手首の痛みで、普通の整形外科に受診しても診断や治療が適切にされない場合があります。ひどい場合には、診断されず精神的な問題だと言い捨てられた悲惨な患者さんもおります。この本では、専門的な知識と経験に基づいて、治療できるキーンベック病とオカルトガングリオンについて詳しく解説を行いました。

分担執筆者

平地 一彦

『上肢のスポーツ障害』に執筆

少年野球で起こりやすい野球肘について原因、病状、治療を説明しています。

分担執筆者

平地 一彦

『カラーアトラス手・肘の外科』に執筆

北海道大学病院および関連病院で積み重ねた経験に基づいて、肘周辺外傷を詳細に解説しました。記載ページ数はなんと100ページの集大成で、研修医には金科玉条のように参考になります。

分担執筆者

平地 一彦

『手の外科治療シリ−ズ
パンフレット ヘバ−デン結節』を作成

中・高年の指の変形であるヘバーデン結節について、日本手外科学会からの依頼を受けて患者さんにわかりやすいパンフレットを作成しました。

分担執筆者

平地 一彦

『Orthopaedics vol.21
整形外科手術に役立つ皮弁とそのコツ』で
「血管柄付き肩甲骨移植術」について執筆

専門医が治療をしてもうまく治せず、折れた骨がつかないような場合には、生きた組織を移植する画期的な方法があります。手術の難度が高い「血管柄付き肩甲骨移植」について、豊富な経験を生かして、この手技を余すところなく説明しており、整形専門医の上級者にはたまらない手技書となっています。

分担執筆者

平地 一彦