整形外科・救急当番病院・介護老人保健施設併設・特定健康診査・肝炎・大腸がん検診

〒004-0861
札幌市清田区北野1条2丁目11-30

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
SSJ
ホーム>診療部門のご紹介・消化器内科
消化器内科
部長 太田 英敏 / Hidetoshi Ota
【専門分野】
・内視鏡治療
・IVR(インターベンション)治療

当院の消化器科ではがん拠点病院で長年指導医として診断治療にあたってきた消化器専門医が、1)ポリープや早期がんの内視鏡治療、2)胃潰瘍の原因となるピロリ菌の除菌治療、3)ウィルス性肝炎のインターフェロン治療、4)肝がん,胆道がん,膵癌のインターベンション治療、5)最新のカプセル内視鏡検査、などの消化器内科全般の診断治療にあたります。外科治療や放射線治療が必要な場合は患者さんやご家族と相談のうえ、関連のがん拠点病院などにご紹介いたします。

症状・治療方法

ポリープや早期消化管がんの内視鏡治療

大腸ポリープや粘膜内の早期大腸がん、胃ポリープや粘膜内に限局した早期胃がんは内視鏡的切除を積極的に行っています。当院ではこれらの処置が短時間に安全に苦痛なく行えるよう、麻酔、炭酸ガスの利用など最新の装備のもと、高度な技術を持った経験豊富な常勤専門医が患者さんの負担が少なくなるよう工夫しつつ内視鏡治療を行っています。また、食べ物を上手く飲み込めず肺炎を繰り返す患者さんの胃瘻造設も行っています。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃がんとピロリ菌

研究が進み、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃がんとピロリ菌感染が密接に関係することが判明しており、ピロリ菌の感染を確認した場合、除菌がこれらの病気の予防になることが明らかになりました。当院では内視鏡検査時点にピロリ菌感染の有無をチェックし、陽性の場合は積極的に除菌治療を行っております。除菌の副作用や除菌成功の道筋に精通した専門医が対応いたします。

ウィルス性肝炎のインターフェロン治療

肝臓がんの最大の発生要因であるB型やC型のウィルス性肝炎に対する治療は日進月歩であり、C型肝炎は8~9割の人が治癒可能なインターフェロンを含む新薬、B型肝炎では血液中のウィルスが消失する核酸アナログ製剤の治療を実施しております。同療法の副作用も熟知しており、安心して治療が受けられる体制を作っています。

肝胆膵のインターベンション治療

ガイドラインに沿って、細いカテーテルを使った肝がん治療の肝動脈塞栓術や、細い針を超音波やCTのガイド下に直接肝腫瘍をさして焼き殺すラジオ波治療などのインターベンション治療も積極的に進めています。また、総胆管結石などの内視鏡治療、閉塞性黄疸に対するステント治療、胆道がん・膵癌などへのカテーテルを介したリザーバー動注治療などにも対応可能です。

カプセル内視鏡による小腸病変の診断

消化器科
当院では直径1.1cm長さ2.6cmのカプセル内視鏡検査を小腸の出血性病変が疑われる患者さんに実施しております。今後、小腸のみならず1個のカプセルで全ての消化管が検査できるような新技術の開発研究も行っております。
SSJ

カプセル内視鏡による大腸検査

消化器科
当院消化器内科ではカプセル内視鏡検査を積極的に行ってきております。この度、従来の小腸検査のカプセル内視鏡に加え、昨年医療機器としてあらたに承認された大腸用カプセル内視鏡を導入し、通常の大腸内視鏡が腹部の手術歴などから困難な方や以前に痛みで中断された方を対象に保険で大腸検査が可能となりました。自由診療の形で(保険適応がない場合)カプセル内視鏡検査を希望される方も価格は少し高くなりますが、検査ができる体制となりました。当院の大腸カプセル内視鏡の特徴は、標準的な前処置の下剤4リットルの半分以下の量の下剤で検査する点で、患者さんの負担が少ない大腸検査が可能となります。詳細はカプセル内視鏡学会指導医・認定医が承りますのでご相談ください。
SSJ

詳しい治療内容について

来院される皆様へ
アクセスマップ
無料送迎バスのご案内
ご相談、お問い合わせ
プレスリリース一覧
北野の四季
北野の郷
メディカルツーリズムについて
スタッフ募集
モバイルサイト
SSJ
pagetop