病院案内

医師紹介

  • 理事長中下 健 Ken Nakashita

    [資格] 日本整形外科専門医、脊椎脊髄病認定医
    日本体育協会公認スポーツドクター
    [専門分野] 上肢:肩関節・肘関節・手関節・手・上腕・前腕 (靱帯の形成,骨の形成,人工関節, 創外固定,肩・肘・手関節鏡など)腰椎:腰椎椎間板ヘルニア・腰椎脊柱管狭窄症 (顕微鏡下手術,レーザー療法など) リウマチ診療 他
    [所属学会] 日本整形外科学会、日本手の外科学会、日本マイクロサージャリ学会、日本肩関節学会、日本臨床微生物学会、日本肘関節学会、日本関節鏡学会 他
  • 病院長 長谷川 匡一 Kyoichi Hasegawa

    [資格] 医学博士(北海道大学)、日整会専門医、脊椎脊髄外科指導医
    日本体育協会公認スポーツドクター、日整会認定脊椎脊髄病医
    [所属学会] 日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本リハビリテーション医学会、日本脊髄障害医学会、日本臨床微生物学会、日本脊髄インストゥルメンテーション学会、東日本整形災害科学会
    [受賞歴] H18年 第22回国際頸椎学会ヨーロッパ会議 最優秀ポスター演題賞

    十分な説明と同意をモットーにたくさんの患者さんから高い評価を得ている。最小の負担で最大の効果をあげる治療を心がけている。H15年から頚椎神経根症に対する新しい手術法(H18年5月国際頚椎学会ヨーロッパ会議 最優秀ポスター演題賞受賞)を行っております。頑固な頚部・肩甲部痛(肩こりの一部も含みます)、頚椎可動域制限(頚が回らない・後屈困難)、肩・上肢・手指の痛み・しびれ、肩・肘・手指の脱力(麻痺)に対し有効で手術創も小さく早期社会復帰が可能な方法です。

  • 副院長 村越 史呂 Shiro Murakoshi

    [資格] 日本整形外科専門医、日本整形外科学会リウマチ認定医
    日本体育協会公認スポーツドクター
    [専門分野] 下肢:膝関節・足関節・足・下腿骨 (靱帯再建,人工関節,骨接合,下肢変形矯正など) リウマチ診療 他
    [所属学会] 日本整形外科学会、日本人工関節学会、JOSKAS 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会、日本整形外科スポーツ学会、日本足の外科学会、日本骨折治療学会

    患者さんの生活様式に合わせた治療を目標に診察を行って行きたいと考えております。

  • 診療部長葛城 良成Ryosei Katsuragi

    [資格] 医学博士(北海道大学)、日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会スポーツ医、日本医師会健康スポーツ医、北海道膝関節研究会幹事 、日本Knee Osteotomyフォーラム(O脚矯正の研究会) 代表世話人、日本ネパール整形災害外科シンポジウム世話人
    [専門分野] 下肢:膝関節・足関節・足・下腿骨 (スポーツ外傷,靱帯再建,人工関節, O脚,外反母趾などの矯正骨切り, 骨接合) 他
    [所属学会] 日本整形外科学会、日本人工関節学会学会、JOSKAS(日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)、ISAKOS(国際関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)、日本整形外スポーツ医学会、日本登山医学会
    [受賞歴] 北海道大学整形外科同門会学術奨励賞(平成11年)
    北海道整形災害外科学会学術奨励賞(平成12年)

    スポーツトレーニング法や中高齢者の関節痛の生活指導も行います。山スキー、登山などアウトドアスポーツでの外傷・障害時の復帰指導も行います。

  • 部長武田 直樹Naoki Takeda

    [資格] 日本整形外科学会専門医、日本リハビリテーション医学会専門医、日本整形外科学会認証脊椎脊髄病医
    [専門分野] 腰椎外科(腰椎・頚椎)、脊軟部腫傷、リハビリテーション
    [所属学会] 日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本運動器学会、日本リハビリテーション医学会

    年齢を重ねるにつれて、体のあちこちの関節・腰・頸が痛くなることは、老化が原因であることが多いです。その痛みを軽くする方法を探すのが整形外科です。私たちは薬・注射・リハビリ・生活指導などを通じて、痛みの軽減・活動性の維持を目指しています。
     このような方法を駆使してもよくならない人には、手術が必要なこともあります。手術にはある程度のリスクがありますが、手術によるメリットがリスクを大きく上回るようであれば、手術をした方が良い時もあります。
     私たちは、加齢からくる痛み・運動障害に対して、その人に応じた対抗手段を提案していきます。

  • 神川 仁Hitoshi Kamikawa

    [資格] 日本整形外科学会専門医、日本体育協会スポーツドクター
    [所属学会] 日本整形外科学会
    [その他] 肩、肘、手の疾患を中心に診療し、患者さんの求める“答え”を共に模索しています。効果的なスポーツトレーニングの方法、そして障害予防の方法をスポーツの経験と論理に基づいて自ら実践し、指導しています。障害・病気は早く治療すれば早く治りやすいです。 痛くなったら、まずは病院に行くことが大切です。
  • 平地 一彦Kazuhiko Hirachi

    [資格] 日本整形外科学会専門医、日本手外科学会専門医
    [専門分野] 上肢(肩、肘、手、末梢神経)
    [所属学会] 日本整形外科学会、日本手外科学会、北海道整形災害外学会
  • 髙橋大介Daisuke Takahashi

    [資格] 医学博士(北海道大学)、日本整形外科学会専門医、日本人工関節学会認定医、日本骨粗鬆症学会認定医、日整会認定スポーツ医、日整会認定リハビリテーション医
    [専門分野] 股関節外科
    [所属学会] 日本整形外科学会、北海道整形災害外科学会(2015~評議員)、東日本整形災害外科学会(2016~評議員)、日本小児整形外科学会(2018~健診委員会北海道ブロック代表)、日本股関節学会、日本人工関節学会、日本関節病学会、日本骨粗鬆症学会、日本骨折治療学会、日本創外固定・骨延長学会、日本バイオマテリアル学会、JOSKAS 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
    [その他] 日本人の骨格に最適な人工股関節インプラント「VLIAN(ブライアン):帝人ナカシマメディカル株式会社」の共同開発研究を行い、2018年11月から全国で使用開始されている。

    北海道大学病院整形外科股関節班の髙橋大介と申します。隔週金曜日(外来日程は電話でご確認をお願いします。)の午前11時から股関節専門外来を行っており、乳幼児からご高齢の方まで幅広く診察・治療いたします。股関節の痛みに悩まされている方はお気軽に受診して下さい。

  • 清水 智弘Tomohiro Shimizu

    [資格] 日本整形外科学会専門医、脊椎脊髄病医、日本リウマチ学会専門医、指導医、日本骨粗鬆症学会専門医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本股関節学会、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)、日本関節病学会、日本骨折治療学会、日本人工関節学会、日本脊椎脊髄病学会、日本骨代謝学会、日本骨形態計測学会、米国整形外科基礎学会(ORS)会員、北海道災害整形外科学会、北海道骨粗鬆症研究会、北海道大学病院指導医のための教育ワークショップ (2019)、厚労省臨床研究・治験従事者研修修了(2019)
    [専門領域] 股関節外科
  • 松前 元Gen Matsumae

    [所属学会] 日本整形外科学会
    [資格] 日本整形外科専門医
  • 副院長 尾崎 威文 Takefumi Ozaki

    [資格] 日本内科学会 内科認定医、日本循環器学会 循環器専門医、日本心血管インターベンション治療学会 認定医
    [専門分野] 心不全・心筋梗塞・狭心症・動脈硬化性疾患の診断治療・不整脈の診断治療・ペースメーカー治療・生活習慣病の予防と治療
    [所属学会] 日本内科学会、日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会、日本心臓病学会、日本不整脈学会

    動脈硬化性疾患・心不全・不整脈に対して、清田区唯一の心臓血管センターとしての役割を果たしていきたいと思います。

  • 川嶋 望 Nozomu Kawashima

    [資格] 日本内科学会 認定医、日本循環器学会 循環器専門医、日本心血管インターベンション治療学会 認定医
    [専門分野] 循環器全般(高血圧症、不整脈、虚血性心疾患、末梢動脈疾患、カテーテル治療など)
    [所属学会] 日本内科学会、日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会

    冠動脈疾患、末梢動脈疾患のカテーテル治療に熱心に取り組んでいます。わかりやすく、丁寧な説明を心がけています。

  • 齋藤 泰史Yasufumi Saito

    [専門分野] 心臓病・循環器一般(心筋梗塞・狭心症・心不全・不整脈・高血圧等)
  • 今 寿Hisashi Kon

    [資格] 日本内科学会認定内科医、日本内科学会総合内科専門医、日本循環器学会専門医、日本心臓リハビリテーション学会指導士、日本心血管インターベンション学会認定医
    [専門分野] 心臓病・循環器疾患一般(狭心症・心不全・不整脈・末梢血管疾患・高血圧 など)
    [所属学会] 日本内科学会、日本循環器学会、日本心臓リハビリテーション学会
    日本心血管インターベンション学会

    心臓病・循環器疾患一般(狭心症・心不全・不整脈・末梢血管疾患・高血圧 など)の診療にあたっています。よろしくお願いします。

  • 医長 加藤 裕貴 Hiroki Kato

    [資格] 日本外科学会専門医
  • 副院長太田 英敏Hidetoshi Ota

    [資格] 医学博士、工学修士、日本内科学会 専門医、日本消化器病学会 専門医、日本消化器内視鏡学会 指導医・専門医、日本肝臓学会 専門医、日本産業医学会 認定医、日本カプセル内視鏡学会 専門医
    [専門分野] 内視鏡治療、IVR(インターベンション)治療
    [所属学会] 日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本肝臓病学会、日本産業医学会
    AmericanGastroenterologicalAssociation、
    AmericanSocietyofGastroenterologicalEndoscopy、
    Obesity Society
    Engineering of Medicine Biology Society in IEEE
    Association for Bariatric Endoscopy
    [受賞歴] 札幌医科大学大野賞(昭和63年)、内視鏡医学研究振興財団研究助成A賞(平成6年、平成10年)

    消化器一般のみならず、肥満が原因で色々な病態に陥った患者さんの根本原因となる肥満の治療も行っています。

  • 部長武田 直樹Takeda Naoki

    [資格] 日本整形外科学会専門医、日本リハビリテーション医学会専門医、日本整形外科学会認証脊椎脊髄病医
    [専門分野] 腰椎外科(腰椎・頚椎)、脊軟部腫傷、リハビリテーション
    [所属学会] 日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本運動器学会、日本リハビリテーション医学会